セキュリティについて

ホーム > 初めてリニューアルをお考えの方へ > セキュリティについて

セキュリティについて

インターホンリニューアルは時代に合ったシステムを導入し、資産価値を高めるチャンス。
カラーモニターや録画機能付きのものが一般的になっている中、旧型のインターホンのままではその価値は低下してしまいます。

インターホンは訪問者に応対するというだけでなく、不審者を容易に侵入させないという重要な役割を担っています。

現在、凶悪な犯罪が増えています。そのような事件を未然に防ぐために防犯機能付きのインターホンが有効があるといわれ、ニーズが高まっています。

空き巣の侵入口は3件に1件が表出入り口から!

警視庁の平成23年のデータによると都内における侵入窃盗の認知件数は8,042件。そのうち、空き巣の占める割合は42.1%。また、侵入窃盗の場所別では一戸建て住宅23.5%、中高層住宅(4階建て以上)10.1%、その他の住宅24.7%となり、集合住宅について集計すると約3件に1件は集合住宅で起こっています。

セキュリティ セキュリティ

また、空き巣の侵入口は3件に1件が表出入り口からというデータもあり、住居入口部分での防犯対策が重要であることがわかります。

セキュリティ

また、上記のように空き巣の侵入口は3件に1件が表出入り口からというデータもあります。

このことからも住居入口部分での防犯対策が重要で、防犯機能の付いたインターホンによる対策が求められていることがわかります。
インターホン
現在お使いの機器が通話のみのインターホンの場合、不審者やキャッチセールスに対して誰が訪ねてきたかがわからず、通常の来客時と同様に応対してしまいますが、インターホンがモニター付きのものであれば、モニターで誰が来たのかを判断することが出来るので、未然にシャットアウトすることが出来ます。

セキュリティ

また、一見安心なように見える暗証番号でのオートロック解除ですが、時間の経過とともに部外者の方にも知れ渡り、結果。自由に出入りされてしまう事もあります。そのような場合はノンタッチタグの導入で部外者の不法な出入りをシャットアウトが可能になります。

時代に合ったシステムを導入し、マンションの資産価値の低下を防ぎましょう。


詳しいセキュリティ対策機能が知りたい方はこちら